パーティードレスのマナーを守ろう

結婚式に御呼ばれされた際に着るパーティードレスは、何でも良いわけではありませんので、注意が必要です。では、一体どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。パーティードレスで一番気を付けなくてはいけないのが、ドレスの露出度です。あまりにも過度に露出をしてしまいますと、マナー違反になりますので気を付けましょう。ですが、結婚式には呼ばれていなくて、披露宴のみ、時間帯も夜という事であれば、肩を出してもOKです。昼間の披露宴や結婚式の場合には、肩を出してしまいますと、場合によっては新婦よりも目立ってしまう可能性がありますので気を付けましょう。友人数人で呼ばれている場合には、どんな格好をしていくのかというのを事前に聞いておくと安心です。結婚式に用意するパーティードレスは、ちょっと気を遣う部分もありますが、マナーを守って参列をするように心掛けましょう。

センスが問われるパーティードレス選び

結婚式や二次会、同窓会などに出席する際にまず用意しておきたいのが、パーティードレスです。華やかな会場に引けを取らない様に、それなりのドレスを選ぶ必要があります。特に結婚式の際のパーティードレス選びは、重要です。新郎新婦の友人だけでなく、両親や親族も出席している会場ですので、華やかさも必要ですが、下品ではいけません。また、年齢にあったドレス選びも重要です。若ければ、膝が少し出ても多少は良いですが、歳をとってからミニドレスを着る様ですと、少し頑張りすぎな気もします。ドレスによって、その人のセンスも分かってしまいます。若作りしすぎず年齢にあったドレスを選ぶのが素敵です。二次会では、結婚式よりも少しカジュアルなドレスを選ぶと良いでしょう。もちろん結婚式から出席した人は、そのままのドレスでも十分です。

パーティードレスを買いましょう

結婚式に招待されたり、結婚式の写真二次会に招待されたらパーティードレスを着て行きましょう。もしもパーティードレスを持っていなかったら、これを機に購入するといいでしょう。値段は高い様々ですが、予算に余裕がなければ安いものもあります。無理をして高いドレスを購入する必要はありません。ショッピングモールの中にもドレスを売っている店はあります。ショッピングモールの中なら手頃な価格で売っていることが多いです。自分の好みのデザインがあるか探してみましょう。あまり露出しすぎないようにしましょう。肩の露出が気になる場合はストールを羽織ったりするといいでしょう。ドレス選びは色にも注意が必要です。白はやめましょう。花嫁のドレスの色とかぶってしまうからです。黒は定番の色ですが、みんなと同じ黒が嫌ならワインレッドやパープル、淡いピンクのドレスを選んでもいいでしょう。